Rays 合同会社

次世代の放射線機器を創造します!

放射線機器の創造

岩手県の北上山地が日本における国際リニアコライダー(ILC)建設の候補となり、ILCで用いる放射線検出器の研究も行なわれるようになってきました。ILCは全長約30kmの直線加速器で、現在達成しうる最大エネルギーで電子と陽電子を衝突させます。最終的に、弊社ではILCに関連する研究で用いる放射線検出器の開発を目指していますが、まずはX線やγ線を高感度で検出できる安価な半導体線量計を開発しています。また、岩手医科大学教養教育センター物理学科で開発した放射線機器、たとえばスペクトラルX線CTスキャナーや高カウントレートのスペクトロメーターなども製作しています。



     X線検出モジュール(XDM18a)

更新履歴

  • 2015年12月20日ホームページ掲載開始 Rays
Rays 合同会社
本社: 〒020-0015 盛岡市本町通3-20-25-408
Tel/Fax: 019-625-2651
仙台研究所: 〒984-0816 仙台市若林区河原町2-14-6
Tel: 022-227-0744, 090-7524-3710
Mail: sales@raysinc.jp
inserted by FC2 system