Rays 合同会社

PMT用アンプ

YAP(Ce)やLSOなどの短蛍光寿命のシンチレーターと光電子増倍管(PMT)を組み合わせることにより,高速Ⅹ線フォトンカウンティングが可能です。シンチレーターのⅩ線フォトン吸収により発生するパルス電圧は負であることから,高速反転増幅器を用いて正のイベントパルスに変換します。イベントパルスの幅は200 ns程度ですので,Ⅹ線スペクトルをマルチチャンネルアナライザーを用いて正確に測定するにはパルス幅拡張器が有用です。

光電子増倍管用反転増幅器 (PMTA18), 約¥20,000

文献
Sato, T., Sato, E., Oda, Y., Sato, Y., Yoshida, S., Yamaguchi, S., Hagiwara, O., Matsukiyo, H., Enomoto, T., Watanabe, M., Kusachi, S.: Dual-energy high-count-rate X-ray computed tomography scanner using a cerium-doped yttrium aluminum perovskite crystal and a small-photomultiplier tube, Health Technol. 8, 179-187 (2018).



Rays 合同会社
〒020-0015 盛岡市本町通3-20-25-408
Tel/Fax: 019-656-0271
Mail:
sales@raysinc.jp
inserted by FC2 system